« 桜咲く頃。 | トップページ | 麻酔と抜歯15本、頑張った! »

2016年5月 9日 (月)

5月の決意。



その、体重約3キロのチッこいわんこが家にやって来たのは

去年の5月、




16年飼っていた、にゃんこチャップの最後の日が近づいていた頃だった。




決意する5月

チビっこわんこは 10歳で全盲で



地元保護団体から 急きょ預かりを頼まれたのだった。





名前はコウちゃん。

決意する5月

コウちゃんの持ち物は

ちょっと汚れたケージと薄いTシャツ、



そして あまりにもイメージぴったりの 可愛いタオルが一枚だけ。



決意する5月









預かってはみたものの、





前のワンコ、カンちゃんを亡くして10日しか経ってない、


「もうワンコ飼うのは無理」と思っていた。





外に散歩に出かけると 

カンちゃんを思い出す、




思い出にさえまだできない、辛い日々だった。

決意する5月




それでも そのチビわん、コウちゃんのことは


とても不憫でしようがなかった。

10歳の年齢だが 4歳で視力を全く失い、



10年一緒に暮らした女性は 病気で二度と会えなくなってしまった。














「この小さい命を心から心配する人はこの世に誰もいないんだ」

と 不憫でしようがなかった。

決意する5月

でも



本ワンは全く溌剌、活発、



常に一生懸命で 明るく 前に進む。

 

見えなくて 物にぶつかっても めげない。



それを経験、学習として自分のものにすることにエネルギーを使うから





落ち込むヒマはないのだ。


決意する5月






そんな風に様々教えてくれる、コウちゃんが家に来て1年が経った。

決意する5月










そして今年も桜の季節を迎え、




5月になった。












ある日、また急に電話が鳴った。





「コウちゃんを欲しい人がいらっしゃる。」

決意する5月






相手の方と会い、




とても良い方で




その方もコウちゃんを気に入ってくださった。






話がトントン拍子に進み、






「では お渡しする方向で」と言って別れた。





 

家に戻ったら、




ボロボロ・・・

ボロボロ 

泣けてきた。





お腹の調子もヘンテコになった・・・






知らないうちに







コウちゃんが

大事な 大きな存在になっていたことに気が付いた。





いろいろ考えて





会と、相手の方と話しをして、






家にいることが コウちゃんにとって最善だ、ということで






コウちゃんを




(●すずめ●)家の家族とすることに決めた。

決意する5月 ←今年の石割桜。

1年一緒にいるうちに



散歩の仕方、




ご飯の食べ方、



甘え方、



それから健康面、






いろいろと私も学んだ。

いつかきっと

(●すずめ●)と一緒で良かった、と




幸せだった、と





思ってくれるように・・・・





がんばるからね、





一緒にいよう。

いろいろと足りないこともあるけど、





余るほどの愛情だけは あるから。




離れずにいようね、




コウちゃん。





















カンちゃん、





これで良かったんだね。

 



 ←  カンちゃん 2013年 5月14日



            *********************

               どの子にも 優しい夜でありますように。






 
   

              
              にほんブログ村

                

 

« 桜咲く頃。 | トップページ | 麻酔と抜歯15本、頑張った! »

コメント


りん子さん、


いつも見守ってくださってありがとう!

いやぁ、1年預かるって 長いね~

世の中には 盲導犬の子犬時代を預かるボランティアもあるけど 預かることってこういう事?って今回かなり自分でもショックでした。


自分でもびっくりするほど 涙ボロボロでした・・・( ノД`)

ワンコにしてもにゃんこにしても こちらが世話してるのだけど いろいろもらっているのは実は私のほうかも、
っていうことがたくさんだよね。


コウちゃんのことも すんなり里親さんにお渡しできるものだ、と自分で思っていたけど。


里親希望の方も 私とコウちゃんを両方見て 私が飼うほうが絶対良いと 思ってくださったみたい。

わざわざ来てくれた、若い女性で悪いことしちゃった。

でも私が飼う、と決心したと 会のほうから知らせたら家じゅうで喜んでます、とメール来たよ。


人間の気持ちってわからないね。特に自分の気持ちね。


りん子さん、 いつもありがとう!


これからも コウちゃんのこと よろしくね♡


さとさん、

あは~ (*`艸´)


すっかりバレてましたか??

私がコウちゃんを放せない、って・・・('◇')ゞ


大昔、弟が事故に合ったチッコイトイプードルを拾ってきたことがありました。

怪我をしていて 亡くなるまで足1本不自由なままでしたが・・・

家で最後まで飼いました。

拾った時は泥だらけ、足が悪く たぶん事故だったろうと思いますが


大事に大事に育てたつもりでした。

そのトイプーと 大きさも毛色もすっかり同じくらいのコウちゃんです。

コウちゃんは足は悪くないけど 目が見えない。

でもどちらのトイプーもすごいところが共通。

明るく、元気、前向きということです。

さとさん、私のそしてコウちゃんの 健康を願ってくださってありがとうございます。

コウちゃんは心臓の機能もトラブルあって薬飲み続けています。

11歳だけど できるだけ 幸せな毎日を続けさせたいと願っています。

そしてさとさんの仰る通り そんなささやかな幸せをブログ通して共有していただけたら、
私もとてもうれしいです。

いつもありがとうございます。

オサミさん、


その後いかがですか?

いくらか良い方に向かっているでしょうか?


繊細、華奢という言葉がぴったりなオサミさん、どれほど頑張っているのだろうと想像しています。

コウちゃんのこと、心配してくださってありがとう!

11歳で全盲、心臓にもトラブルあり、のワンコにまさか里親希望の方が現れるとは思ってませんでした。

数日前、近所のわんこ友さんと話して「預かりのコウちゃんを良いかたにお渡ししてそして私また次のワンコを1匹でも預かってお手伝いしたい」って自分で言ってたの、
それが私の理想のハッピーエンド、と想像してました。


ところが実際は全然違ったよ。

( ノД`)


オサミさんと同じ、なんで??と思うほど涙出て来た。うんと泣いた泣いた。


でもよ~く考えたら その方の留守にする時間などを考えたらどうも物理的にも私のほうが少し条件が良かった。


あと 通院してるから それをいちいち全部しっかり引き継ぐことにちょっと自信もなかった。


それで会のほうも相手の方も私が飼うことがベスト、と言ってくださって・・・


そうなったら、ね。 嬉しいの。
なんかね、亡くなってもう会えないと思ってたワンコに再会したみたいにね。
すごくうれしいんだよ。


いることが当たり前、じゃないんだよね。
奇跡なんだよね。

出会いも奇跡みたいなものなんだよね。

オサミさん、

元気になってね。

会いに来て、ね。


millecoさん


ご心配おかけして またたくさん情報いただいてありがとうございます。

今回コウちゃんのことを決断したのは まさか、と思っていた里親さんご希望の方の出現だったかもしれません。


そしてそんな方にお渡しする、ということが理想のハッピーエンド、と私のなかでは思っていたので 離れる、と思った時間気持ちの落ち込みに自分でも驚きました。

預かりが1年、ってやはりちと長いですよね。


3カ月程度だったら分からなかったかも。


でも

カンちゃんがいなくなって、そしてコウちゃんがいなかったら 生活がガラリと違っていたと思います。

まず笑いが減っていたと思います。

ワンコにゃんこの力ってすごいですね。

それにしても いつもmillecoさんのブログ見て感心します。
ミルちゃんのことも キチンとケアされていて ほんとに元気そうですごいなぁ、って思っています。


私も頑張りたいです。


コウちゃんのこと、これからも見守ってくださいませ~♡


れんさん、

初めまして!

温かいお気持ちのコメントを本当にありがとうございます。

私のこのメソメソブログを読んでくださってたのですね。ありがとうございます。


コウちゃんは置いていかれた、という記憶があるせいか 少し留守番させてもどると 1年も会わなかったかのような興奮、喜びかたです。今までの柴犬系だとそこまで感情を表さなかったのでこちらも戸惑うこともあります。

物が言えないけど これほど寂しい想いをしていたのか、と撫でています。

色々ある人生、はい頑張ろうと思います。

コウちゃんのほうがよっぽど忍耐を知っているかも。(*`艸´)

れんさん、これからもよろしくです。


更新もコメントのお返事もノロノロですが よろしくお願いします。 (*- -)(*_ _)ペコリ


心臓が、バクバクしました
1年近くなって、今…
すずめさん…

読み進めて、ほっとしました(^^)
改めて…すずめさん家の、コウちゃん、おめでとう♪
運命を引き寄せるのも、思いの行動から来るのですものね
本当に、良かった!!!!!!!!!
すずめさんの家族のみんなが、遠くから見守ってくれていると思います

ご家族が増えたのですね、おめでとうございます!
コウちゃん、あなたは本当に幸せワンコだよ、
すずめさんファミリーの一員になれるなんて!
とコウちゃんに教えてあげたい(笑)。

すずめさんがコウちゃんを手放せるわけない……
とずっと思っていました。
だって、これほどの愛情を注いでいらっしゃるんだもの。

これからまだまだ素敵な時間を過ごせますね。
そのためにも、コウちゃん(もちろん、すずめさんも)健康でいてくれないと!

こちらのブログで、これからも幸せな気分のおすそ分けをお願いしますよ~。
期待してます!!

すずめさん、決意したんだ・・コウちゃんよその子になってしまうんだ・・・
・・・もう戻れないんだ・・・

ポロポロポロポロなみだがこぼれて。
泣けて泣けて。
今、ホッとして、泣き疲れ(^^;)
コウちゃん、よかった。ほんとによかった。
よかったねぇ。。。

すずめさん、
カンちゃんのお空生活1年目に言葉も贈れずにごめんなさいm(__)m
4月から体調不良・ふさぎ込みが顕著になって、今自律神経調整中です。
きっとあともう少し。
また来ますねー。   「おねぃちゃん」でした(*´v゚*)ゞ


読み進むうちに涙目になりました。
まさか、コウちゃんがすずめさんと離れてしまうなんて???
そんなのダメ〜!!!と。
でも、すずめさんの決断を知って安堵しました。
今度は嬉し涙・・・ ( ^ω^ )
本当に良かったです。
きっとカンちゃんが繋いだご縁です。
カンちゃんが背中を押してくれたのでしょう。

有り余るほどの愛情!
これに勝るものなんてないですよ〜。
すずめさん、コウちゃん、ずっとずっと幸せに暮らしてくださいね!

すずめさん!

はじめて書き込みします!ずっと読ませていただいてました。

コウちゃん良かったね♪
きっと、カンちゃんが導いたことだと思います。
泣きそうになっちゃいました!(泣)

色々ある人生ですが、頑張りましょう!
お互いに🍀

嬉しいご報告、ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜咲く頃。 | トップページ | 麻酔と抜歯15本、頑張った! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

☆みんなガンバレ☆     

大事な想い出

  • 老犬ミッキーが行く。

シナモン


  • ’09年10月までの16年5カ月間 共に過ごした相棒

カンちゃん


  • 保健所からで年齢不詳。 09年11月8日、預かり開始。 ’10 5月13日 正式に飼い犬とする。 特技  素早すぎる拾い食い(^▽^;) ’15 5月2日  永眠。

チャップ

  • チャップ

    チャップ

    ’99 3月 保護   特技  ワンコと一緒の散歩 ’15 5月21日 永眠。
フォト
無料ブログはココログ