« 動物愛護週間のイベント。 | トップページ | 彼岸入りの朝市。 »

2010年9月19日 (日)

もしも私がタマちゃんならば。

重い病から解き放たれて

応援していた、tomcatさん宅のタマちゃんが17日の午後旅立った。

0917なみたま1.jpg

タマちゃんを見守り、そのそばで揺れる心情は奥さまのなみははさん

ブログでも拝見していた。

飼い主であればだれでもが 経験するであろう気持ちが痛いほど感じられ、

ただただ、祈り、願い、

せめてお気持ちを分かち合いたい・・・

そして 出来るのであれば、

無理を承知で、

奇跡を願っていた。

何を見ても霞んで見える、今日

タマちゃんからのメッセージが届いたような・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine

オレ、タマ、

3年前、tomcat家に連れて来られたんだけど

あの時 オレ、ひどい風邪だったんだ。

ビョウインへ行ったらさ、

エイズってのもわかっちゃったんだ。

普段から歌舞伎役者みたいな顔で

そいで

動作もスンゴク のろいのよ、オレ。

家にいたナミちゃんを見ていたときも

ノロマながらマジで 見ていたんだけど

tomcatたちは クスクス笑ってやんの~

0917なみたま2.jpg

オレ、わりといつも真面目なんだけどな・・・・

ナミちゃんの旅立ちのときもちゃんと一緒に見送った。

ずっと息が苦しい感じだったけど

今年になってから シュヨウっていうのがわかって、

イシャは あと1週間、って言ったの。

オレ、けっこう粘り強いタイプ。

それから1カ月以上も頑張ったの。

だって、なみははが

酸素ハウスってのも借りてくれて

そいで呼吸が だいぶ楽になったの。

そいで、

オレ、結構がんばったから

オレ、 バイバイって言った。

なみははは

オレのことを苦しめた、

苦しい時間を増やしてしまった、と泣くよ。

オレ、

今は、っていうか

普段から言葉しゃべれない。

でもこれだけは伝えたい。

3年前、

オレ、

この家に連れて来てもらって

だからさ、

寒い思いも

ひもじい思いもしなかった。

少し、心細いときには

なみははのそばにいられた。 ヘヘッ

外にいて怖い思いもしなくて済んだ。

オレ、

顔に出ないタイプだけど・・・

オレ、

幸せだった。

オレ・・・

生まれて来たこと、

ホント、良かった。

だからさ、

もうちょっとしたら

笑った顔を見せてな。

オレ、

tomcatと なみははの

笑った顔、好きなんだ。

オレ、

ありがとう、って言うよ。

聞こえたかな・・・?

長生きさせてくれて、

    ありがとう。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tomcatさん、なみははさん、

無断で画像拝借、記事作成いたしました。

心より、タマちゃんのご冥福をお祈りいたします。

        合掌

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

« 動物愛護週間のイベント。 | トップページ | 彼岸入りの朝市。 »

コメント

diamond <tomcatさまへ>

好き勝手なことを書いてしまい、お許しください。

どうしてか 会ってもいないタマちゃんなのに 訃報をブログで知ってから 目の奥、鼻の奥が 熱く、こらえています・・・

いつもはあまりご自分の感情をブログ上で現さない、tomcatさんが、
PCの画面に向かって「大好きだ」と 打ち込む姿を想像して、
なみははさんが 大急ぎで病院へ駆けつけた時の表情を想像して、

後悔の想いをどうしても禁じえないでいるお時間を考えて、

遠くから 精いっぱい応援することしかできなかった、

この自分が
どうしても記事にしたかった・・・・


でもtomcatさんのブログがあったから とても魅力的なタマちゃんに会えました!

ついつい見落としてしまいがちな 日常の中の 光っている小さい個性達。

そこに静かにスポットを当てていただいたことで 勉強になりました。

いろいろな 小さい光を見落とさないように 暮らしていきたいと思っています。

こちらこそ、ありがとうございます!


少しはゆっくり休んでくださいね、お二人とも・・・


         ・・・・・・・・・

diamond  <millecoさまへ>

millecoさん・・・

いつも細やかな気遣いの 心優しいmillecoさん・・・

ご自身のミルちゃんの通院などでもお忙しいのに、心配して 応援して下さっていたのですね。

ありがとうございます!

会ったこともない、遠くの小さな命なのに
どうしてこんなに ・・・

tomcatさんご夫婦のお気持ちを思ってしまいますね。

寂しいお別れですが、タマちゃんtomcatさんに教えてもらったこと 大事にしたいと思います。

でもホント、ショックでした・・・・

        ・・・・・・・・・・・

diamond  <オサミさまへ>

オサミさん、

お気持ちありがとう!


3年前 お家に連れて来られたときには おそらく鼻水ビショビショで とても状態も良くなかったと思われるタマちゃん・・・


そして病気と分かっても、だからこそ、連れ帰ったことを納得されていた、と思います。
tomcatさんご夫婦はそんな方達です。

オサミさん、
きっと貴方と同じ、

放っておけない方達だと思います。

一般的にはなかなか引き取り先も難しい状態のコを 暖かく迎える・・・

ワンコもニャンコも何も発言しないけど タマちゃんからの本当のメッセージは きっともっともっと暖かく きっとご夫婦に届いている、
そんな気がしています。

オサミさん こちらこそ、
ありがとう。

        ・・・・・・・・・・・・・


diamond  <りん子さまへ>


りん子さん、
暖かいコメント、ありがとう!

そうだよね、
そうだよね、きっと・・・・

tomcatさんの家に暮らして 暖かな冬を過ごせて、そして暖かい膝の温みも知ることができたよね。

来なければ 知らないまま、辛い病気だけと付き合って生を終えなければいけなかった、

小さい4本足クンたちの 力は偉大だね。

忘れがたい ぬくもりの記憶を しっかり刻みつけて行くんだよね。


去年のなみちゃんのこともあるし、本当にtomcatさんご夫婦にはゆっくりしてほしいって思います。

すずめさんのこのお手紙で、tomcatさんも、励まされていることでしょう。
精一杯されてのことだし、お手紙の中で、「なみははのそばに…」
これが一番だと思います。
私ごときが、何も言えることはないけど、tomcatさんが元気で過ごされますように。

タマちゃん、
すずめさんのところからお手紙送ったんだね。
タマちゃんの気持ちを知ることができて、
おとうさん、おかぁさんよろこぶね。

幸せだったね、タマちゃん。
今も幸せだよね。。

すずめさん、ありがとう・・・

すずめさん。
タマちゃんのこと…
今日の記事を読み、また涙が出ちゃいました。
奇跡を願ったのですが…
タマちゃんのこと紹介してくださって有り難うございました。
ウチの北斗とミルの姿にダブり…
私はタマちゃんが大好きになりました。
今頃はナミちゃんと一緒にいるんだろうな。

でも、本当に別れは寂しいものですね。


すずめさん
ありがとうございました。
こんなにも素敵にご紹介いただいて……
きっと、
きっとあいつも喜んでいると思います。
ほんと、
切なくて悲しくてやりきれない。
でも、
生き物と対峙する以上、
避けて通れない葛藤と別れ。
解かっていても、
また、
あの無邪気さや温もりを求めてしまうのですよね。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 動物愛護週間のイベント。 | トップページ | 彼岸入りの朝市。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

☆みんなガンバレ☆     

大事な想い出

  • 老犬ミッキーが行く。

シナモン


  • ’09年10月までの16年5カ月間 共に過ごした相棒

カンちゃん


  • 保健所からで年齢不詳。 09年11月8日、預かり開始。 ’10 5月13日 正式に飼い犬とする。 特技  素早すぎる拾い食い(^▽^;) ’15 5月2日  永眠。

チャップ

  • チャップ

    チャップ

    ’99 3月 保護   特技  ワンコと一緒の散歩 ’15 5月21日 永眠。
フォト
無料ブログはココログ