« 河原を歩けば。 | トップページ | もしも私がタマちゃんならば。 »

2010年9月18日 (土)

動物愛護週間のイベント。

今日は 27℃まで気温が上がった北国。

この過ごしやすい時期に 今年も動物愛護週間が始まる。

岩手では 馬っこパークと言うところで ワンニャンの譲渡会もあり。

1

行きたいなぁ~、

馬達も可愛いんだなぁ・・・

いつか 仕事をさぼって一日お手伝いしてみたいなぁ・・・

その翌週、10月初めには

保健所でのイベントもある。

1

日ごろ見られない 保健所の中も歩けるようだ。

やはり ワンニャンの譲渡会もあり。

案内と一緒に送られてきた、いのちの会の会報には、

いつものように「しあわせになった犬たち」

「しあわせになった猫たち」のページがあり、

2

ある男性の報告コメントも掲載されていた。

2

子猫を引き取って 奥さまに笑顔が戻った、

そして、

「実は本当に救われたのは、

子猫によって笑顔が増えた自分たちだと思います。」

と 書かれている。

散歩の途中で「もう年齢だから いらない。」と

保健所に置いていかれた 老犬・・・

笑顔を貰った、と感謝される 子猫・・・・

教育が必要なのは 人間のほう。

この愛護週間で また命について 考えてみたい。

そして自分に何ができるのかを・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

« 河原を歩けば。 | トップページ | もしも私がタマちゃんならば。 »

コメント

note  <さとさまへ>

チロちゃんのくれる「宝物のような時間」を感じるさとさん、
やっぱり素敵な女性です。

そう思えるような、たくさんの時間を共有されたのですものね。

毎日の当たり前の日常が 実は本当に輝いて積み重ねられるのでしょうね。

保健所も開放的な方向で 良いことだと思います。

いつの日にか 殺処分が皆無になりますように・・・

「救われたのは自分たちのほう」という男性のお気持ち、
とてもよくわかります。
私もチロがうちに来てくれて本当に幸せな時間が持てたし、
チロがいたからこその楽しい経験がたくさんできました。
そして今もなお、チロは宝物のような時間を私にくれています。
どうかひとつでも多くの命が、
穏やかで幸せな生活を得られるように願ってやみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河原を歩けば。 | トップページ | もしも私がタマちゃんならば。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

☆みんなガンバレ☆     

大事な想い出

  • 老犬ミッキーが行く。

シナモン


  • ’09年10月までの16年5カ月間 共に過ごした相棒

チャップ

  • チャップ

    チャップ

    ’99 3月 保護   特技  ワンコと一緒の散歩 ’15 5月21日 永眠。

カンちゃん


  • 保健所からで年齢不詳。 09年11月8日、預かり開始。 ’10 5月13日 正式に飼い犬とする。 特技  素早すぎる拾い食い(^▽^;) ’15 5月2日  永眠。
フォト
無料ブログはココログ