« 雨に歩けば。 | トップページ | うそ、ホント。 »

2009年6月13日 (土)

この季節の、この日。


家では

孔雀サボテンが咲いて、

花


つるバラも蕾をつけた。

花


恒例の馬の行事は

馬っこ


ちょうど1年前の地震を思い出させ、

馬っこ

チャグチャグ・・・と続く馬の鈴の音は


幼い日も思い出させてくれる。

馬っこ


今日は空や雲を見ても 目に染みる。


                ・・・・・・・・・・

拾ったニャンコ、 チャップが家に来て2カ月後に子猫を産んだのが


ちょうど10年前の5月25日。


ツユちゃん


6匹生まれた子猫達のなかで、

なかなか名前がつかなかった1匹がいた。


考えあぐね、ようやく付けた名前がツユ(露)だった。

ツユちゃん

いつも野良ニャンコを拾ってしまう飼い主=すずめだから

いつもどこか他のニャンコに遠慮していて おとなしく


決して激したことなど無く、

でも実は甘ったれの ツユちゃん。


ツユちゃん

9日の鍼灸治療は いくらか気持ち良かったのかな?


うちで生まれて幸せだったのかな・・・?


今日、13日早朝 息を引きとった。


4月末の発作から 2度の入院を経て、


治らない病気を 


辛い症状を よく我慢したね。


頑張ったね、ツユちゃん。


もう苦しくないね。


辛くないね。


梅雨の季節、


この行事の日には


空を見上げる私を


見ていてね。

「ありがとう」という声を

聞いていてね。

 

              ・・・・・・・・・・・・・・


    ・・・・猫のコロナウィルス感染症は まだワクチンが無い。


    早期のワクチン開発を 強く願う・・・・


            ・・・・・・・・・・・・・・・・・


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村


« 雨に歩けば。 | トップページ | うそ、ホント。 »

コメント

cat <Megさまへ>


ありがとうございます。

ツユちゃん、惚れちゃいそうなほど綺麗なニャンコでした。

そうでしたか、スクちゃんもニャンコ平気なんですね~


ワクチン・・・

今ホメオパシー治療していただいている病院の先生も あまりワクチン奨めないです。

私も一度ニャンコの混合ワクチンで ニャンコ調子崩したことがあり、全面的に信じるわけでもないです。
なんとか 副作用などないワクチンってできないものでしょうかねぇ・・・

それに代わる代替医療とかも期待したいところです。


こんにちは

子猫のツユちゃん、お目目がキリッとして知的美人ですねぇ~ マジ惚れそう

スクはアメリカで猫と一緒に育ったので
平気なんです。日本に来てから、色や模様がそっくりな猫に旧友かと勘違いして挨拶に
出向き、おもいっきり怒られますた。(苦笑)

そんなに好きなら猫を・・・とまで思いました。

ワクチンが無いんですね。
ワクチン接種にはあまり賛成ではないのですが、ワクチンが無いゆえに命を落とす子もいるとなると・・・・複雑です。

ツユちゃんのご冥福をお祈りいたします。
合掌

cat <tomcatさまへ>

ナミちゃんのこと、ご心配の時なのに ありがとうございます。

いろいろと反省点があります。

母ニャンコと一緒だから・・・、と すごく過信していた自分を思い出しています。

今日、火葬してきました。

もう苦しくないのだ、と 少し安心しています。

tomcatさんのお気持ち、しっかりと受取りました。

ありがとうございます。


     ・・・・・・・・・


cat  <りん子さまへ>

いつも見守って頂いてありがとうございます。

今回のことは また一つの反省材料となりました。

人がいろいろと守ってあげてるつもりで実は私たちのほうが たくさん見守ってもらっているのかもしれない、なんて思っています。

発作からの苦しい日々から見れば 今は苦しくないのだ、ということが とても救いです。

心配してくださってありがとうございます。

      ・・・・・・・・・

cat  <baba-nekoさまへ>

大変な中、来て下さってありがとうございます。

昨年の父の病気の時もそうでしたが 病気の宣告からの日々が 辛い日々でした。

今は しんどくても いつか「治る」と いう病気であればまったく気持ちは違いますね。
それは 「老化」でもいえることかもしれないですが。

今日火葬してきましたが、ツユちゃんは安らかだ、というふうに感じています。なぜかはわからないですが 今までと同じようにどこか控え目で、おっとりして そして穏やかでいる、と感じています。

お気持ち、ありがとう。

ナナちゃんに 少しでも良い明日がやってきますように。


baba-nekoさんが疲れすぎませんように・・・・


       ・・・・・・・・・・


cat  <ぢゅんこさまへ>


こんなに寂しい記事なのに コメントいただいてありがとうございます。

私は反省しきりです。><。。。


別嬪さん、  って!


そうなんです!  とても綺麗なニャンコでした!

でも家で生まれて殆ど外を知らないニャンコだったので 小さい家の中が彼女の全世界でした。
そこで10年間文句も言わず 控え目に過ごしてくれました。
そのことが 彼女にとってストレスになったのではないか・・・と 
今更ながら考えています。

瞳孔が開いたままになった発作、そしてじっと動かない日々をどんなにか我慢して過ごしたのだろう、と思うと 今はせめてその辛さから解き放たれたことを 少しの安心材料にしています。


病院でも されるがままのニャンコでした。

どうして動物の目ってあんなに綺麗なんでしょうね。

いつも心配していただいてありがとうございます。

      ・・・・・・・・・・


cat  <なびこさまへ>

ありがとうございます。

そうですか、可愛い名前ですか・・・

呼ぶときには「ちゅうちゃん」と呼んでいました。

去年のことも覚えていて下さってうれしいです。
とても大きな災害でした。

なびこさんのおっしゃるとおり、毎日追われる過ごし方をしていると 時間の経過ってとても速いですよね。

反省すべきことを目をそらさずに しっかり見ていたい、と思います。

すごい大ざっぱな人間なので、どこまでやれるか疑問ですが。

お気持ち、ありがたく頂戴しました。


       ・・・・・・・・


cat  <しまさまへ>

ありがとうございます。

しまさまはたくさんのニャンコの想い出がおありでしょうね。

ご実家も お好きでしたものね。

ツユちゃん、やはり発作の時が一番びっくりしたと思います。

コロナウィルスでも目や脳に症状が出るタイプのほうでした。

瞳孔がすっかり開いたままになり、それから殆ど見えなくなったのですが 退院して家にきてから 驚いたことに 餌のテーブルにも飛びあがれるし、トイレも歩いて行けました。

今日、火葬してきました。

ツユちゃんね、 今安心して穏やかでいる、ってなんとなく私感じているのです。

いつもご心配、ありがとうございます。

ツユちゃん、逝ってしまったのですね。
でも楽になって・・・コロナウイルスはきっと辛かったでしょうねぇ。

すずめさんとの10年間はツユちゃん幸せだったと思います。
だって、9日の針治療の時のツユちゃん、お目目きらきらでいいお顔していたもの。

もう、お空に着いたでしょうかね。

ツユちゃん、かわいいお名前です。
幸せな猫ちゃんだったと思います。

犬猫の病気の治療方法は、進んで行って
いるのでしょう。傷が目に見えて治って
行くように、身体の中にできたものも、
見えてくれるといいんだけれど。

もう、一年前になるんですね。 
思い出します。 お祭りの時でしたものね。
日々のことに追われていると、いろいろな
ことがおこっても、すぐに忘れてしまいます。
いけませんね。

ツユちゃんのご冥福を祈ります。

最後まで懸命の治療をしてくれる人がいて、最後までそばにいてくれる人がいれば、命は幸せに全うされたと思います。

つゆちゃん、少しは元気になったかと思っていたのですが、コロナウィルスは治療法がないんですね。

診察台の上の写真、とっても綺麗な顔をしています。
別嬪さんだったね。

きっと、すずめさまはたくさんの「ありがとう」の言葉で撫でて上げたのでしょう。
何よりの贈る言葉だと思います。

でも、死なれるのは本当につらいです。


すずめさん、ご心情、痛いほどお察しします。
そして、ツユちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

ツユちゃん頑張ったんだよ~。
すずめさんの傍で旅立てたんだもの、一番嬉しいと思うなぁ。
やっぱりこの事だけを私は願っているもの。
何も言えないけど、ツユちゃんは、いつもすずめさんを見守ってくれると思います。

・・・・
悲しいですね。
でも、
ツユちゃん、
スズメさんの家に生まれて、幸せだったと思いますよ。
絶対そうですよ。
スズメさんが繋いだ命だもの。
・・・・
なかなか言葉は見つかりませんが、
とにかく、合掌。
です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨に歩けば。 | トップページ | うそ、ホント。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

☆みんなガンバレ☆     

大事な想い出

  • 老犬ミッキーが行く。

シナモン


  • ’09年10月までの16年5カ月間 共に過ごした相棒

チャップ

  • チャップ

    チャップ

    ’99 3月 保護   特技  ワンコと一緒の散歩 ’15 5月21日 永眠。

カンちゃん


  • 保健所からで年齢不詳。 09年11月8日、預かり開始。 ’10 5月13日 正式に飼い犬とする。 特技  素早すぎる拾い食い(^▽^;) ’15 5月2日  永眠。
フォト
無料ブログはココログ