« <ヒト> ホテリ= 冷え? | トップページ | 貰ったり、散歩したり。 »

2008年6月30日 (月)

ニャンコの幸せ。


最近は子猫の生まれる時期らしい。

アチコチで野良ニャンを見るし、飼われているニャンたちも子供を産む時期。

私のように ワンコもニャンコも好き、という人間もいれば 嫌いな人も結構いる。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・

* 地域猫として 地域で野良ネコを 見守る、という考えの保護団体 地域もある。


* 野良ネコに 庭を汚されるのに 我慢できず 保健所へ通報する、あるいは持ち込む人もいる。


* 野良ネコにご飯などあげるから いけないのだ、という人もいるし、


* ワンコは好きだけど、猫は見ただけで怖い! と言う人も。

* 「可哀想」という理由で 避妊手術をしないで 増えるに任せる、飼い主さんもいる。


* 「自然破壊につながる」という理由から 猫を飼うのをやめた オーストラリアの友人。


* ワンコのように登録制にして 外で飼うことを禁じたほうが良い、という猫好きも。


            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワンコに比べたら 野生を備えている動物だと感じる。


ひとそれぞれ、好き嫌いがあるのは当然と思う。


もともとは ネズミ対策のために船に乗って、海外からやってきたニャンコの祖先。


人の都合で 生かされたり、 処分されたり・・・は 

あんまりヒドイんじゃないかい・・?
 


                 ・・・・・・・・・・・・・・


誰かが言った言葉。

  「人間に虎を抱く幸せをもたらすために トラ猫がいる。」

 真偽のほどはわからないけど、そう感じることはある。

↑ もと野良だったとは 思えない、だいちゃん。


踏まれたって、


文句も言わないだいちゃんは、抱っこすると重たいんだ。(約5.5キロ)


 
重たいんだけど、たまらないんだなあ・・・・


  ちょっと疲れた夜なんか、特に・・・

             ・・・・・・・・・・・・・・・・0・・0・・0・・・・・・・

« <ヒト> ホテリ= 冷え? | トップページ | 貰ったり、散歩したり。 »

コメント

cat <greendogさまへ>

来て下さってありがとうございます~!
そうですか、お魚くわえて走る野良ニャンの姿がまだ見られるのですね。
私の職場近くの地域は かなり、かな~り 極度のニャンコ嫌い密集地域でありまして、それでもまだ毒殺などがないのが 救い、というほどの所なのです。
踏まれているだいちゃん、おっとり~しているのです。
シナモンもうちに来たときにすでにニャンズもいたので 兄弟のように思っているらしいです。
外で野良ニャンにあっても 怖がらずに尻尾振っているのです。heart01
赤い実のことも気にしてくださってありがとうございます。
まだわからずにいます。><


        ・・・・・・・・・・・・


cat  <りんこさまへ>

改めたい、という謙虚さが 大事かもしれないですね。
また いくつになっても 柔軟性を持っていたい、とも思います。
シナモンもニャンズも 嫌がらないコばかりなので 助かっているのですよぉcoldsweats01
ワンによっては ニャンにたいしてすご~く 闘争心を 表すコがいるようですもんね。

    ・・・・・・・・・・・・・

cat  <ぢゅんこさまへ>

海外の、特にオセアニアの人たちとの会話は とても気を使います・・・
捕鯨のことも すごいですよね。 そちらの国のかたのブログとか見たときも なかなか 過激・・・
日本人、日本に対する考えかたもそれぞれですね。
正解ってわからない。
ただ なんとかならないか、って思います。
うちでは シナモンを除いて全員手術済みです。

増えても きっちり世話できる、と言い切れるなら 手術しなくていいのでしょうが・・・

ヒトっていろんな罪を犯しながら生きていますね。
私の家の前に 子猫を置いて行くヒトに対しても 一言言いたい。いくら好きでも 限界あり、です。


    ・・・・・・・・・・・・・・


cat  <ソラママさまへ>

辛いですよね、この辺でも車の多いところをビューって横断する子猫がいて・・・
そうですよね、なんとかしてあげたい、って思います。
以前「地域猫」をテレビでやってましたが、どうなったでしょうね・・
すべての人に理想、って難しいでしょうね。
ヒトがいれば その数の分だけの考え方がありますもんね。


   ・・・・・・・・・・・・・

cat  <なびこさまへ>

動物の保護活動、この辺ではまだまだ始まったばかり、と言う感じです。
ボランティアで 公園の糞掃除をしていても 知らない人にひどい言葉を投げかけられる、と言っていました。
そして 保護施設には およそ100匹前後のニャンコがいます。子猫はもらわれるけど成猫は殆ど貰われません。
野良イヌは 今は殆どいなくなりましたね。
なびこさんのお宅ではおとうさんが ワンコに慣れてきたところなんですね。
引き取るのは 大変な決心でしたね。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・


cat  <しまさまへ>

子虎ちゃん、いくらか落ち着いたようで ちょっと安心ですね。ニャンコにしてもワンコにしても 精神的なショックって体が小さいから尚更大きいのだ、って聞いたことがあります。
私の友人でも やっぱり去勢・避妊は 理にかなわないという理由で 断じてしない人もいます。
どこまで責任持てるか・・・
私なんて偉そうなこと言えないですが・・
追われて、閉じ込められて、絶え間ない恐怖・ストレスを受け続ける命を思うとやりきれないです。
うちのあたりにもいろんな野良ニャンズがやってきますが、去勢していないオスニャンは いつも大けがをしています。オス同士の喧嘩なのでしょうね。
そしてその怪我が悪化して 命を終えてしまう・・・
野良ニャンは メスはとっ捕まえて 避妊していますが、オスニャンは ち~っと怖くて 捕まえられないのです。><

だいちゃん、実際見ればきっと好きになりますよ。
他のニャンとちがって 抱っこの時に爪を出しません。チッコイときに台所仕事の時 エプロンのポケットで慣らした甲斐があります。heart

一番子猫の多い季節かもしれませんね。
野良が多いのも事実ですが、未だに
去勢、避妊手術をしない、
えさだけあげて外で飼うでも飼わないでもなく・・・
という人も多いです。
それこそ山ひとつ自宅で自由に飼ってやれるならまだしも住宅地では猫自身にも危険です。
避妊させることが猫にとって幸せかどうか、
人間だけの都合ではないのか、とも考えます・・・。
人それぞれいろいろな意見があるかと思いますが
猫たちが不幸にならないように考えて上げられれば、とおもいます。

だいちゃんは幸せそうだね^^

なんて、タイムリーなお話。

今日、お店の屋根裏に住む子猫が3匹、顔を覗かせていました。 いつの間にか増えた猫。 食べ物商売の為、猫を家の中に入れることもえさをあげることもしていないのですが、かわいいもの。
父さんは、犬にはなれてきましたが、猫は論外。 かわいいのはわかるけれど、飼うなんて・・・そこに、増えた猫。猫の糞掃除。 昨年は、猫よけをまいたり、お水をまいたり。
近所ののらねこを避妊去勢させて地域猫として・・という活動をされている方に、「里親見つけるまで、ケージでおいてくれませんか」と。置いてあげたいのは山々ですが、苦手通り越している人がいるところに、置くのは、猫もかわいそうなので、お断りしました。
かわいいだけでは、飼えない動物たち。 野良犬は、見当たらなくなってきたこのあたり。猫の接し方は、まだまだなのかしら。
保護活動をされている方が、「今、子猫のラッシュなんです。もう、手一杯で。今日も、生まれたから保健所にって言う人から、子猫を・・」。 
かわいそうな子を作らないためにも・・と私は思うのですが。

すずめさん〜こんばんは〜
この時期、我が家の回りも、のらさん達の出産が多くて..
そして、小さな命が、交通事故でなくなる事も増えて、つらい時期の始まりです
私が、できる限りの事を、彼らにしてあげたいと思いますが、
なかなか、難しいですね
ご近所さんたちの、理解を得るのはとても、大変な事です

自然破壊を人間が言うのはおかしいと思います。

だって、破壊しているのは人間だけなのだから、自然破壊に
繋がるから猫を飼わないというのなら、まず人間がこの世か
ら姿を消す事が先決なのでは?

人間さえいなくなれば、自然は豊かに戻ってくると思います。

人間って、この長い間に一体何をしてきたのかと考えます。

動物にも植物にも山も海にも、何一つ罪はないですよね。


人間の都合って何んでしょうね。
ずーとそう思う。
自然破壊もそう!動物問題もそう!食べ物の事もそう!
人間も生きる動物、共存を願うのに、色々な事が起きる。
私がする事だけでも、改めたいと思っています。

だいちゃん、シナモン君と共存しているね(^^)
とっても自然で良い感じです。
すずめさんの優しい気持ちが、家の中を包んでいるからでしょうね。

先日は訪問してくださってありがとうございました~♪
『食べられるか?』にコメしようと思って あの赤い実がなにか
調べたりしてたら(結局わからなかったけど、山ぶどうっぽい?)
もうふたつも新しい記事が・・ 遅すぎ~ 
赤い実ってかわいいですよね。

にゃんこさんについてですが ウチの近所もノラちゃんが
たくさんいて エサをあげる人もたくさんいて 小学生の子
たちがすごくかわいがってて地域猫?のようになってるかと思えば 
何もしていないのにホウキで追い掛け回してるオバさんとかも見かけたり。
何が良くて何が悪いとは一概に言えないけど あの子たちが
好きでノラやってるわけじゃないですもんね。
元々は全部人間のせいだし。 おっしゃるように野生を備えて
るのは猫のほうだって気がします。
どこでどうしたのか 本当に(住宅街なのに)生魚くわえて走って
逃げてる子を見たことがあって サザエさんの歌みたいだ~
って驚いたことが・・ でもそうやって必死にならないと
生きていけないだと思うとせつないですね。

シナモンちゃんに踏まれてるだいちゃん、かわいーです~
なんか健気~ 仲いいんですね。

ああ、なんか支離滅裂なコメントになってしまってすいません。
こちらこそ 今後ともよろしくです~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411494/21990825

この記事へのトラックバック一覧です: ニャンコの幸せ。:

« <ヒト> ホテリ= 冷え? | トップページ | 貰ったり、散歩したり。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

☆みんなガンバレ☆     

大事な想い出

  • 老犬ミッキーが行く。

シナモン


  • ’09年10月までの16年5カ月間 共に過ごした相棒

チャップ

  • チャップ

    チャップ

    ’99 3月 保護   特技  ワンコと一緒の散歩 ’15 5月21日 永眠。

カンちゃん


  • 保健所からで年齢不詳。 09年11月8日、預かり開始。 ’10 5月13日 正式に飼い犬とする。 特技  素早すぎる拾い食い(^▽^;) ’15 5月2日  永眠。
フォト
無料ブログはココログ